ポケトーク★話題の【夢のAI通訳機 POCKETALK】使い方は?
スポンサーリンク

海外からのお客様がとても多い昨今、世界の人々とコミュニケーションができたらな~と思っている方も多いことでしょう。

そんな方に、とっても便利な”夢のAI通訳機 POCKETALK”があると知って使い方を調べてみました。

ソースネクストの「POCKETALK(ポケトーク)」は、
74言語対応の夢のAI通訳機。お互いに自国語のまま対話できる音声翻訳機です。

メディアで話題のPOCKETALKはこんな時に便利

海外旅行に行くとき

  • ポケトークでコミュニケーション!旅行の不安や、不便を解消します。

語学を勉強中の方 

  • 日本語で吹き込み、対訳も表示されるため自分専用の辞書代わりにも。(本体に履歴が10,000件残ります)
  • 正しく読み取られるか確認することで、発音チェックにも使えます。

ビジネスで海外に行くとき

  • 急な海外出張予定が入った
  • 転勤で海外赴任、現地の言葉が話せないご家族の同伴にも便利。
  • 翻訳結果をブラウザ連携することで日本語でプレゼンテーションして、
    外国語を画面に表示させる事もできます。

使い方

1.充電する

ポケトークは工場で充電して出荷されます。
電池残量が少ない時、少なくなった時には、
付属のUSBケーブルをスマホ用のアダプターやパソコンにつないで充電します。
(アダプターは付属していません)

2.電源を入れる

電源ボタンを長押しして起動したら、
以降は普通に押しオン・オフを切り替えます。
長く使わない時は長押しして電源を切ると電池を節約できます。
(初めて電源を入れた際は、システム設定画面が表示されます)

3.押しながら話す 言語を選択するには

通訳させるには、話す言語が表示された方のボタンを押したまま、
ピコッと鳴ったら話しかけ、話し終わったらボタンを離します。

4.言語を選択するには

翻訳言語の変更は、言語名をタップして表示される言語から選ぶだけ。

74言語双方向の翻訳機です!

  •  英語や中国語、スペイン語やドイツ語など英語の通じにくいエリアの言語にも対応しています。

高い翻訳精度

  • クラウド上のエンジンを用いることで、常に最新です。
  • 言語ごとに最適な翻訳エンジンを利用できます。

109の国や地域ですぐ使える

  • グローバルSIM内蔵モデルなら109の国や地域に対応しています。
  • 旅行先ごとに買い直したり設定を変えたりする必要がありません。
  • SIMは2年間使い放題で、追加費用も一切かかりません。

ポケトークはモバイル通信が「契約不要、通信料なし」で使える画期的なIoT製品です。
価格は、29,880円・税別。2年間分の通信料をソースネクストが負担し、世界中で使い放題。
2年後もWi-Fi環境でそのまま使えるだけでなく、
1年ごとに5,000円追加すればそのまま使い続けられます。

グローバル通信なしタイプ(24,880円・税別)もあります。
常にWi-Fi環境でご利用の場合には、こちらが経済的です。

ポケトークを持っていたら、

町で海外からのお客様に道を聞かれても安心!

世界中の人々と気軽にコミュニケーション!

そのうえポケトークは、

インターネット上のAI(人工知能)により長文も訳せます。

AIだから性能は時間と共にアップしていきます。

世界がぐっと身近になること請け合いです。

詳しくはこちらからどうぞ▼▼

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事